清水港飼料リクルートサイト

メッセージ
トップページ > メッセージ
この3つに想いをかける。そんな人材を求めています。

日本の畜産を支えたい。
言いかえれば、求めているのは「やさしい意欲」です。

私たちの第一の仕事は、飼料の製造・販売。でも、販売ひとつとっても、
普通のセールスとは大きく異なります。
気合いと根性で「買って買って」ではなく、
まずは畜産農家の方々としっかりコミュニケーションを取ること。
そのなかでご希望や抱えている課題を引き出し、一緒に解決へと導く。
販売そのものも大事だけれど、それ以上に、
お客様の目線で物事を見ること、
そこで何かに気づける感度のいいアンテナを持つこと、
親身になれる心を持つこと。
いわば「やさしい意欲」が大切なのです。
その意志を支えるものこそ、冒頭の「3つの思い」。
また、意欲を支援する要素は社内にもあります。
ここにまとめましたので、ぜひご一読ください。





風通しの良い組織、アットホームな社風

当社は大企業ではないけれど、従業員約130名、それなりの規模を有しています。部長や課長という役職もあります。でも組織の雰囲気は「社長と仲間たち」といったイメージ。風通しが良すぎて、若手社員でも社長に直接相談や提案をすることがしばしば。根回しに手間をかけたり、稟議を通してからウンヌン・・・・・・という面倒が少ないと言えます。
おのずと会社としての判断がスピーディになり、これは社員の、そして会社の大きな武器になっています(もちろんお客様のためにもなります)。
 


 自由度が高い

風通しの良さは、個々の自由度の高さをもたらしています。ただしその分、責任も増す。自由ゆえの苦労もあります。実際に営業職は担当エリアでは当社の代表ですから、責任は重大。それでも自由度が高く、何かと任せてもらえる社風は、若手の意欲を育む大きな要因となっています。逆に指示待ち人間では、持ち味が発揮しにくい土壌かもしれません。


おいしさづくり

今、私たちの重要なキーワードは、食の安全安心に加えて「おいしさ」や「健康」といった付加価値のさらなる創造。飼料づくりはもとより農家の皆さまと取り組む「育て方」や「環境づくり」で、食肉や卵など最終商品で、付加価値を拓く会社が業界をリードしていくことでしょう。その担い手が若い人材。生活の根幹である「食」分野で、「おいしさ」を拓く。何かを生み出す。そうした醍醐味も、社員のモチベーションを高めています。
 


  安定感

リーマンショックで生産が、販売が、お客様が半減した――。二次産業や三次産業では現実に起こる可能性がありますが、一次産業と歩む当社には、景気や社会情勢によって数字が半減するような極端はありません。どんなに景気が悪くても、動物はエサを食べるからです。さらに言えば人間に胃袋がある限り、食の需要は急減しない。この安定感も意欲を影から支えるポイントです。



メッセージ

    • メッセージ
    • インタビュー
    • 教育制度

    エントリー

    エントリー頂きましたら、確認のメールをお送りします。
    24時間経っても連絡がない場合は、再度エントリーして下さい。採用担当者から、選考方法について5日以内にご連絡いたします。

    エントリー

    募集要項

    清水港飼料では、探求心があり、行動力・創意工夫のある若い方や、
    会社の中心となって元気一杯働ける方をお待ちしております。
    現在募集中の職種等、詳細については下記をご確認ください。

    • 新卒募集要項
    • 中途募集要項

    エントリー

    エントリー頂きましたら確認のメールをお送りします。
    24時間経っても連絡がない場合は、再度エントリーしてください。
    採用担当者から、選考方法について5日以内にご連絡いたします。

    • 応募はこちらから
    清水港飼料株式会社

    ページの先頭へ